日本政策金融公庫


抵当権・根抵当権の設定
日本政策金融公庫の
抵当権設定登記・根抵当権設定登記
のご依頼、承ります!!

日本政策金融公庫は、国民一般、中小企業、農林水産業者などへ、様々な制度を設け、融資を行っています。無担保での融資制度もありますが、不動産を担保に入れる融資制度もあり、担保有りの場合の方が、一般に金利が低く設定されている様です。 不動産を担保に入れる場合は、抵当権又は根抵当権を不動産に設定する登記手続が必要になります。 また、その場合、登記手続完了後に融資が実行されることも多く、資金調達を急ぐ場合は、迅速に登記手続を行わなければなりません。 司法書士芝法務では、日本政策金融公庫の抵当権設定登記・根抵当権設定登記を多く扱っております。
どうぞ、お気軽にご相談下さいませ。

お手続きの流れ(見積無料)

抵当権設定登記の申込から登記申請まで、2営業日から4営業日程かかります。登記申請後、法務局の手続に2週間前後要します。
① 日本政策金融公庫から登記関係書類を受け取る

抵当権(根抵当権)設定契約証書、登記用委任状を受け取ります。


② ご相談

当所までご連絡いただけましたら、概要を確認させていただきます。
すみやかに見積を作成し、ご提案させていただきます。見積は無料で行います。 登記費用にご了承いただけましたら、ご案内書類を郵送させていただきます。 (ご来所いただき、面談及び書類の授受をさせていただくことも可能です。)


③ 書類をご発送ください

ご案内書類が届きましたら、返信用封筒を使用し、 ご案内に記載された必要書類を当所までお送り下さいませ。

登記に必要な書類(一般的)
・登記識別情報通知(又は登記済権利証)
・印鑑証明書(不動産所有者のもの、3カ月以内に発行されたもの)
・抵当権(根抵当権)設定契約証書(日本政策金融公庫から受け取ったもの)
・登記用委任状(日本政策金融公庫から受け取ったもの)
・写真付き身分証明書のコピー(不動産所有者のもの)

※他に、登記記録に記載された不動産所有者の住所が変更になっている場合は、住民票又は戸籍の附票が必要になったりいたします。詳しくは、その都度ご案内させていただきます。


④ 登記費用のお振込をお願いします

お振込のタイミングにつきましては、ご相談可能です。


⑤ 登記申請

当所へ届いた書類の内容を確認の上、当所により、管轄法務局へ登記申請を行います。


⑥ 登記完了

管轄の法務局の登記手続が完了いたしましたら、完了後の登記事項証明書を当所にて取得し、 日本政策金融公庫の窓口支店にすみやかにお届けいたします。また、お客様へも完了書類をお送りさせていただきます。

お客様の手で日本政策金融公庫に完了書類をご提出されたい場合は、日本政策金融公庫の書類についてもお客様へお送りさせていただきますので、お申し付けください。

なお、法務局の登記手続は、どこの司法書士事務所へ依頼しても、完了まで一般的に1週間から2週間程度かかります。


抵当権設定登記の登録免許税はかかりません。

通常、抵当権設定登記を行う場合、債権額(根抵当権の場合、極度額)の1000分の4の登録免許税がかかりますが、 日本政策金融公庫からの借入の抵当権設定登記・根抵当権設定登記の場合は、非課税となります。

※資本金5億円以上の会社が融資を受ける場合は、通常通り登録免許税がかかります。


抵当権設定登記・
根抵当権設定登記等の登記費用

抵当権設定登記・根抵当権設定登記の報酬としては、4万円(税別)となります。
項目
報酬(税別)
実費・税
抵当権設定
4万円
非課税
郵送費・手続料
2,000円
2,080円
登記事項証明書
2,000円
960円
登記情報
---
668円
合計
44,000円(消費税4,400円)
3,708円
TOTAL 52,108円
※ 登記上の住所が現住所と異なる場合は、住所変更の登記が必要になりますので、別途費用が掛かります。

日本政策金融公庫の抵当権設定登記・根抵当権設定登記手続については、
ぜひ、芝法務までご相談下さい!!